相手を理解する

あるセミナーでこんな質問があった。

職場の人間関係で悩んでいるという。

人を1から9つまでの九星気学の星に例えると大変分かりやすい。

各星は、生年月日から割り出され、それぞれの星の特徴を捉えている。

例えば、完璧な仕事を求める六白金星を上司に持つ場合。

当然、部下はそれを求められる。

六白金星以外の星は、勿論、それぞれ特徴が異なるので、仕事の仕方も当然異なる。

完璧までいかなくてもちゃんとやりたい星や、ポイントだけ押さえたい星など

上司は予め、部下の星の特徴を押さえておくことで、この仕事はこの部下にと効率よく仕事を割り振ることが可能。

それにより、当然、職場の雰囲気も変わり、部下も仕事をしやすくなる。

生年月日が異なれば、人の特徴も異なるからだ。

それぞれの星の特徴を理解することで、職場以外でもコミュニケーションが円滑に進められるようになる。