言葉よりも温度を感じたい


そっと寄り添うということ。

それは簡単なようでとても難しいのです。

身近な人が『がん』と宣告を受け、余命わずかと診断を受けているとき、

あなたはどんな言葉を相手に投げかけますか?

病いは『がん』に限ったことではないのです。

さまざまな病いに苦しんだり、悩んだりしている方が世の中には実に多いことでしょう。

治療すればすぐに治る病いから、手術や入院を繰り返す必要のある病いまで、実にさまざまです。

ちょっとした風邪なら、休息を取り、栄養を摂ることですぐに治ってしまうものです。

相手がそんな状況の時に声を掛けるなら、「ゆっくり休んでね」とか「お大事に」で済んでしまうからです。

病いが深刻度を増すごとに、相手に投げかける言葉に重みを感じてくるのです。

どんな言葉をかけてあげたらいいのだろうか。

どんな言葉を望んでいるのだろうか。

もしも、自分が余命何ヵ月と宣告を受けたら、あなたはどんな言葉を身近な人からかけてもらいたいですか?

おそらく、言葉を失うことでしょう。

言葉は必要ないのです。

アドバイスはもういらないのです。

生きる望みを絶たれた人にとって、残された人生を有意義に楽しみたいと思っているのです。

きっと、今までの人生を振り返っていることでしょう。

楽しい想い出よりも、辛く苦しかった想い出や悲しい出来事の方が、脳裏に焼き付いていて、走馬灯のように頭の中を駆け巡るのです。

古びた映画館で、モノクロ映画を観ているかのように。

自分の人生を振り返って観ているのです。

辛く苦しかった想い出、悲しい出来事の数々の全部を受けとめて、受け入れることにしたのです。

それは、もう過去は変えられないとわかったからです。

いままでの人生のすべてを受け入れることで、楽しい想い出に変えるのです。

うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみのすべてを受け入れることができるようになるのです。

人生の未来地図はもうないからです。

いろいろあったけど、楽しい人生でした、と。

生きる望みを絶たれた人に投げかける言葉は、もう必要ないのです。

ただ、相手が望むように、そっと寄り添ってあげるだけでいいのです。

人と人との触れ合いから生まれる温もりを感じたいのです。

もう、これ以上がんばれないから。

がんばることはもう必要ないから。

言葉はもういらないのです。

言葉よりも人の温度を感じたいから。

富安里佳

✨Concierge de destiny ホームページ
http://kuuka-unsei.com/

✨富安里佳のプロフィール
http://kuuka-unsei.com/profile/

✨LINE公式アカウント移行しました!!
最新のLINE公式アカウント
『富と安ら伎STYLECLUB』のご登録はこちら☆
https://page.line.me/064izofx

✨2020年11月12日に知道出版より好評発売中!!
九星氣学風水で奇跡を起こす
『生きる望みと願いをかなえる方位のちから』
http://kuuka-unsei.com/booknews/

✨オンラインで受講するはじめての日盤吉方活用セミナー
http://kuuka-unsei.com/seminar/

✨無料オンライン恵方参りセミナー
http://kuuka-unsei.com/ehomairiseminar/

次の記事

大海原の一人旅