気学の凄さを知る

自主セミナーや定期開催しているコンシェルジュカフェを通じて、
お客様と何気ない会話になった際、
今、こうして元気で健康に過ごさせていただいている理由について、こう話す。
「私は4年前にステージ3の血液のがんのと診断を受けたのですが、気学を学んでいたおかげもあり、入院も治療もなく、今がある。」
とお話すると、ほとんどの方が驚かれる。
驚くのは、当然のことだと思う。
何故なら、私自身が一番驚いているから。
血液のがんの中でも、進行は遅いが、治癒が難しく、治療しても再発する可能性があると言われていたから。
ましてや、がんになる前より、現在は、身体の調子がいい。
勿論、気学を通して、吉方位の病院へ転院したのも運が良く。
そのおかげで、ステージ1に変わり、経過観察になる。
その時、チャンスをもらったと思った!
半年後の検査までの間に、今、出来ることは全てやろうと決める!!
日々の吉方位取りや食事療法、ストレスのない生活を心掛ける。
半年後の結果に医師も驚愕する。
今、こうして生かされていることは、意味があり、偶然ではなく必然であること。
私は、気学の凄さを改めて知る。