個性にあるクセ

個性はクセがあった方が魅力的に見える。

あなたの個性のクセを隠す必要はないのです。

誰かに気を遣う必要もない。

誰かに合わせる必要もない。

誰かの顔色を伺ってあなたが本当にやりたいことができないなんて、

それは、もうあなたの人生ではない。

嫌われることを恐れていたら前には進めない。

嫌われたっていいじゃない。

すべての人に好かれたいと思うことの方が難しいのだから。

あなたの個性が好きと言ってくれる人が必ずどこかにいるのです。

もしかしたら、あなたの個性のクセも含めて好きと言ってくれるかもしれない。

個性にクセはつきもの。

個性にクセのない人はいない。

人それぞれ、趣味や嗜好が異なるなら、職業も多種多様なのです。

当然、顔や髪の色が違うのなら、言語だって異なる。

あなたは何のために生まれてきたのですか?

あなたが持って生まれた個性を生かすことができるのはあなたしかいない。

個性にクセがあってもいい。

個性にクセがある方がいい。

個性にクセがあった方が面白いし、魅力的に映るはずです。

当然、人に受け入れられない個性のクセもあるし、

人から敬遠される個性のクセもあるでしょう。

どちらも魅力的なのです。

すべて個性の一つですから。

そもそも個性にクセのない人なんていない。

個性のクセは、人それぞれあるのです。

それもすべてあなたの魅力の一つ。

型にハマった生き方を選ぶ人もいる。

反対に自由な生き方を選ぶ人もいる。

どちらを選んだとしても、あなたが自分らしい生き方として選ぶなら、

それはあなたの個性になる。そして、個性のクセの一部になるのです。

個性にクセがあってもいいのです。

もしも、今のあなたが、あなたがあなたらしく生きられない状況にいるのなら、

もしも、今のあなたは、自分らしく生きるためにどうしたらいいのか悩んでいるのなら、

それは、あなたがあなたらしく生きるためのきっかけかもしれません。

あなたがあなた自身を受け入れるための大切なお知らせ。

あなたの個性は、あなただけのモノ。

あなたの個性のクセもあなただけのモノ。

あなたのコピーはいないのです。

個性にクセがあった方が、魅力的なのですから。

富安里佳