がんと野菜とフルーツ

このセミナーを開催することが目標の一つだった。

2015年の9月に血液のがんと告知を受けてから、約5年。
当時は、時間の流れがとても長く感じられた。
今は、一日があっという間に過ぎている。

未来がないと思っていた。
今は、未来を自分でデザインしようとしている。

人は、何かのきっかけで変わる。
絶望と思うか、チャンスと思うのかはその人次第だと思う。

こだわりを捨て、自分らしく生きること。

簡単に出来ると思っていた。簡単に変われると思っていた。

だから、がんになったのかもしれない。

きっかけは、すぐそばにある。

それに気付くかどうかがとても大切だから。